TOP » ここなら安心!東京都内から通えるおすすめダイビングスクールまとめ

ここなら安心!東京都内から通えるおすすめダイビングスクールまとめ

数あるダイビングスクールの中でも、東京都内から通うことのできるアクセス良好なスクールをピックアップしました。

ライセンス取得の入り口となるオープンウォーターダイバーコースの料金や指導団体、独自施設のほか、スクールのおすすめポイントについてまとめています。

Buddy Tokyoは、ダイビング初心者の方でもわかりやすく指導し、NAUIのCライセンスが取得できるコースを用意しています。

S2CLUBでしか体験できないオリジナリティあふれるさまざまなツアーを開催しています。

アイグルービーは、ダイビングのライセンス取得を目指している方はもちろんのこと、ダイビングを体験してみたい!という方向けのコースも用意しています。

マレアは、国内に12の拠点「都市型店舗」と「リゾート型店舗」、「ダイバーズホテル」や「マレアダイビングカレッジ」など様々な形態で展開しています。

ココナッツのスタッフは、全員インストラクター資格を有するプロのダイバーです。器材知識やテクニックなど、ダイビングに関して困ったことがあれば、誰でも応えてくれます。

パパラギ には、インストラクターが40名以上在籍していますので、なかなか時間の調整が難しい社会人の場合でも、スケジュール都合が合わせやすいです。

ダイブファクトリーでは、実際の海に潜る海洋実習のあとにしっかりと復習できるよう、自社店舗内の温水プールで復習することができます。

東京ダイビングスクールNEOは、他よりも質の高いトレーニングを行い、早くライセンスを取得するというよりも、確実で安全にダイバーを育てるという方針で指導をしています。

ノリスは、ダイビング未経験の女性も安心して受講できるよう、様々な要望に答えられるよう多様なサポート体制で迎えています。

ブルーアース21では、申し込みされた方の約72%が1人での参加だったことから、ひとりで始めても楽しめるサポート体制のフレンドリーなダイビングスクールです。

シーポイントでは、1グループ4人までという少人数での講習が基本となっており、さらにアットホームな雰囲気を大切にしています。

ブルーサブは、シュノーケルで手軽に海を楽しめるスキンダイバ―から、レスキューダイバー、プロまで目指すことができます。

ブルー&スノーでは、SNSIの国際ライセンス発行数が10年連続で全国一位という実績があります。また、他にもSNSIの継続教育数やセーフティダイバートレーニングでも実績があります。

引用元HP:ブルー&スノー
https://blueandsnow.com/

SeaBowlは、ダイビング初心者の方にも安心して貰えるよう、マンツーマン指導も行っています。海や水中が苦手な方にも親切丁寧に指導してくれます。

クラップスはよりダイビングの世界を楽しんでもらえるよう、知識や経験が豊富な上級インストラクターが多数在籍しています。

WITH新宿では、スケジュールの調整が難しい社会人の方も無理なく通えるよう、平日・土日祝日かかわらずフリースケジュールで講習を行っています。

オーシャントライブはダイビングスキルが向上し、安心して受講ができるよう、プールや海洋講習の際は原則で最大4人までとなっています。

ピーシーズは、経験豊富なインストラクターが丁寧に指導するので、泳ぎが苦手な方も年齢を気にしている方もダイビングの楽しみを体験できます。

ブランニューシーの講習は、最大でも4名までの少人数制なので、泳ぎが苦手な方もダイビングに不安を感じている方も丁寧に教えてもらえるので安心です。

エムズダイビングアドベンチャーは、他のダイビングショップではあまりやらない「秘境へのツアー」も定期的に開催されています。

都市型ショップと現地サービスの違い

ダイビングショップには都市型ショップと現地サービスがあり、それぞれユーザーによって得られるメリットが異なります。

都市型ショップ

都市型ショップとは、その名の通り海ではなく街中や市街地にあるダイビングショップのこと。街中が生活の中心になっている方にとっては、近くにあるショップの方が行きやすいことはいうまでもありません。

講習についても、学科はもちろんプール講習も近くに施設がある場合がほとんどなので、利便性が高くわざわざ現地まで行かなくても良いのがメリット。

また、都市型ショップを利用してダイビングに行く場合、現地までの送迎サービスが付いていたり、移動や宿泊といった時間を通してよりコミュニケーションが取りやすく、常連として末長く関係を築けるなどもメリットがあります。

一方で、ダイビングの器材はレンタルではなく購入が一般的であることや、ツアーに参加する場合移動費など様々なコストが含まれるため割高になる場合もあります。

現地サービス

現地サービスとは、伊豆や沖縄といったダイビングスポットにあるショップのサービスを利用することです。

都市型に比べて様々な面で費用が安く設定されていることや、現地の海を熟知したダイバーが案内してくれるといったメリットが挙げられます。

ただし、ツアーと違って自分で現地までいかなければならない点や、講習なども現地でまとめて行なうことで少し駆け足での講習になってしまったり、都市型ショップほどコミュニケーションをとる機会が少ないと感じるかもしれません。

社会人が無理なくライセンスを取るならどっち?

普段は都心などで働いている社会人の方がダイビングを楽しむのであれば、まずは初心者向けのダイビングライセンスを扱っていて、且つ価格面でも無理なく利用できるコスパの良い都市型ショップを選ぶのが良いでしょう。

都内でお勧めしたいコスパの良い
ダイビングスクールPickup!
Buddy Tokyo
資格取得66,000円
ダイビング参加20,000円~
S2CLUB東京店
資格取得68,500円
ダイビング参加25,000円~
ココナッツ
資格取得72,562円
ダイビング参加20,000円~

※上記3店舗の「資格取得」費用については全て税込価格となります。

※「ダイビング参加」費用については、各店舗のプランによって異なってきます。

※掲載している金額は2021年4月時点で調査した最安値となります。

※オープンウォーターダイバーの価格で調べています。

※公式HPにて価格項目の明記がされている店舗となります。

※価格はキャンペーン価格ではなく、「標準価格」で調べています。