TOP » ダイビングライセンス取得でよくある質問/疑問 » ダイビングライセンスが取得できる年齢制限

ダイビングライセンスが取得できる年齢制限

子供でもCカードを取得できる!主な年齢加減は10歳から

スキューバダイビングは基本的に、10歳未満のお子さんについては、成長期における水圧の影響などを考慮して、ダイビングをすることはできないとされています。

そのため、ダイビングライセンスの取得には、年齢制限が設けられています。この年齢制限はライセンスを発行する指導団体によって異なりますが、最もメジャーであるダイビング指導団体「PADI」の場合は、Cカードの取得は10歳以上からとなっています。

未成年者がダイビングをする際には、親権者の同意が必要となりますので、制限付きでのライセンス取得となります。そのため、指導団体やインストラクターの判断にもよりますが、10歳以上15歳未満は「ジュニア・ダイバー」認定となります。

基準に特別な定めがない限り講習内容は成人と同じですが、ジュニア・ダイバーの場合年齢によって、講習中の最大深度と認定後の活動に以下のような制限があります。

10~11歳 認定後は、ご両親を始めとする保護者、またはPADIプロフェッショナルと一緒ならば、最大深度12mまでダイビングが可能となります。
12~14歳 認定後は、成人の認定ダイバーと一緒ならばダイビングが可能となります。深度については、「ジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー」は最大18m、継続教育は最大21mの制限があります。
15歳以上 どこの指導団体でもダイビングライセンスを取得することができます。ジュニア・ダイバーから成人ダイバーのライセンスへ、移行することもできるようになります。

ダイビングを楽しむことができるのは8歳から

Cカードの取得講習が受けられるのは、基本的に10歳以上になりますが、子供でも参加できる体験ダイビングプログラムであれば、8歳からでもダイビングを体験することができます。

しかし、それを実施しているダイビングスクールやショップはまだ限られているようなので、ご希望の方は事前に問い合わせしてみましょう。

一般的な子供用体験ダイビングのプログラム

バブルメーカー(8~9歳) 水深2mほどのプールにダイビング基材をつけて潜り、「水中で呼吸する」ということを体験するプログラムです。
ディスカバースキューバダイビング(10歳以上) プールもしくは海況が安定した海で、水深6mまでのダイビングを体験するプログラムです。(オプションで水深12mまでの海でのダイビングが可能に)

Cカード取得の年齢に上限はなし!

さて、ここまでライセンス取得における年齢制限の下限は、基本的に10歳であることをご紹介してきました。それでは反対に、年齢制限の上限はあるのでしょうか?

実は、スキューバダイビングに年齢の上限はありません。タンクを背負って歩くことや、水中でのゆったりとしたフィンワーク(バタ足)ができる体力があれば、年齢関係なく始めることが可能です。

ダイビングは体力や体調と相談しながら、自分のペースで楽しめるスポーツですので、中高年から始められる方も、年々増えているそうです。

ただし、受講の際に一定年齢以上の方では、医師の診断書の提出を義務付けている指導団体もありますので、しっかりとスクールやショップに相談しておくことをおススメします。

45歳以上の方は医師の診断が必要な場合もある

ダイビングライセンス講習を受ける際、45歳以上で下記の項目に当てはまる方は、医師の診断を受けて診断書を提出する必要があります。

これらに一つでも該当した方は、ダイビングスクールやショップに相談のうえ、医師の診断を受けましょう。

ダイビングのランク

ダイビングライセンスのランクには、下記のようなものがあります。

スクーバダイバー 12mまでの潜水が可能となるランクです。気軽に取得できるランクですので、趣味として楽しみたい人が取得することの多いライセンスです。
オープン・ウォーター・ダイバー 同等以上の資格を持つダイバーと一緒にという条件付きですが、18mまでの潜水が可能となるランクです。
初心者がダイビングを楽しむために最初に取得する資格で、基本的なスキルはもちろん、トラブル回避や海の状況などの基礎知識まで学べるライセンスです。
アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー 講習にディープダイブのトレーニングが加わり、潜水可能深度が40mまでになるため、先に紹介したランクよりも大幅に潜水エリアが広がるランクです。
水中での写真の取り方や魚の覚え方など、海の中をより楽しむための知識が求められるのも、このランクの特徴です。
レスキュー・ダイバー ダイビングにおけるトラブルを未然に防ぐためのランクです。水中・海中でも余裕を持った行動をとれる知識が身につきます。
ダイブマスター プロのダイバーとして、水中でのガイドが可能となるランクです。もちろん資格取得=必ずプロである、という訳ではなく、水中・海中を自由自在に楽しめたり、仲間たちとのダイビングではリーダーとして友人たちをまとめられます。
インストラクター ダイビングの教習が行え、かつダイバーとして認定が可能となるランクです。
こちらもまた、必ずしもダイバーの指導をこなさなければならない、というものではなく、「それだけのダイビングの力量がある」ことを示す資格として利用できます。
また、他のものと違い同じインストラクターにも様々なランクが用意されていて、どのランクかによってもできることが変わってくるのが特徴です。

初心者が目指すべきもの

ダイビングライセンスにも様々なものが用意されていますが、成人の初心者がまず目指すべきランクは、「オープン・ウォーター・ダイバー」です。

このランクになると潜水が40mまで可能になるので、趣味として楽しみたい人に合っています。

加えてある程度のスキルを身に着けた状態でダイビングができるため、より自由に水中・海中を自分の思うがままに楽しむことが可能となります。

事情がよく分からない初心者はどの講習を受ければよいのかで迷っている人もいるかと思います。

これからダイビングをより楽しみたいと考えている方は、まずオープン・ウォーター・ダイバーランクを目指してみると良いでしょう。

都内でお勧めしたいコスパの良い
ダイビングスクールPickup!
Buddy Tokyo
資格取得66,000円

公式HPに税表記はありませんでした

ダイビング参加20,000円~

公式HPに税表記はありませんでした

S2CLUB東京店
資格取得68,500円

公式HPに税表記はありませんでした

ダイビング参加18,000円

公式HPに税表記はありませんでした

ココナッツ
資格取得65,780円
ダイビング参加要問合せ

※「ダイビング参加」費用については、各店舗のプランによって異なってきます。

※掲載している金額は2021年4月時点で調査した最安値となります。

※オープンウォーターダイバーの価格で調べています。

※価格はキャンペーン価格ではなく、「標準価格」で調べています。