TOP » ダイビングライセンス取得でよくある質問/疑問 » ダイビングライセンスの更新/紛失/再発行

ダイビングライセンスの更新/紛失/再発行

ライセンスに更新は不要!

ダイビングライセンスには、運転免許証のような有効期限は設定されておらず、そのため更新手続きなどは行う必要がありません。

つまりダイビングの場合、一度ライセンスを取得してしまえば、自分自身で「リタイアする」と決めるまで、ずっとダイビングを楽しむことが可能なのです。

ただ、久しぶりにダイビングを行う場合は、身体が忘れていることも想定されますので、過信せずにインストラクターに自己申告し、それなりにフォローしてもらうようにしましょう。

また、ペーパードライバーよろしく、Cカードを取得したのにそれっきりになってしまった、という人に向けては、ブランクダイバー向けのコースを用意しているスクールもあります。

ライセンスを紛失した!再発行の手続きと費用

様々な理由で万が一ライセンスを紛失してしまったら、もう一度再発行をすることは可能となっています。

ただその再発行の手続きは、発行元である指導団体によって異なるため、自分がどの指導団体のライセンスを持っているのかを、しっかり把握しておくのが肝心となります。

ではここで、メジャーである3つの指導団体を例に挙げて、再発行の手続きと費用をご紹介しましょう。

PADIの再発行手続き

コースを受講したショップ、PADIダイブセンター、PADIインストラクター所属のショップなどで手続きができます。

「出向く時間がない」「近くに再発行できる施設がない」などの場合は、PADIジャパンに直接申請することもできます。

再発行申請料 4,180円(税込)

SSIの再発行手続き

国内で取得した場合は、取得したSSIダイブセンターへ問い合わせをしてください。再発行に必要なるのは「本人写真」と「再発行料」(要SSIディーラーへの問い合わせ)となり、返信用封筒を送ることで再発行手続きを受けることもできます。

海外でダイビングライセンスを取得した方は、海外支部に連絡することで再発行を受けることもできます。手続きの段取りとして「SSIジャパン」に必要書類と再発行料6,480円を支払うこと必要があります。

再発行申請料 6,480円(税込)

NAUIの再発行手続き

NAUI加盟店やインストラクターに依頼することで再発行することができます。郵送での再発行も可能。

WEB発行の場合は、代引き手数料¥324、発送手数料540~1,296円(地域によって異なる)が別途必要です。

再発行申請料 6,480円(税込)

ライセンス発行団体を変更!クロスオーバーとは

初めに取得したCカードの発行元である指導団体を変えることを「クロスオーバー」といいます。

例えば、PADIでオープン・ウォーター・ダイバーのライセンスを取得した後、上位資格であるアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーを今度はSSIで取得することも可能となっています。

こうしたクロスオーバーを行うにあたって、何か手続きが必要なのではないか、と心配される方も多いと思います。

しかし、こうした手続きなどは、現在特に必要とされていません。ですので、何食わぬ顔で希望する指導団体の講習を受けてください。

都内でお勧めしたいコスパの良い
ダイビングスクールPickup!
Buddy Tokyo
資格取得66,000円
ダイビング参加10,000円~
S2CLUB東京店
資格取得68,500円
ダイビング参加25,000円~
ココナッツ
資格取得72,562円
ダイビング参加20,000円~

※上記3店舗の「資格取得」費用については全て税込価格となります。

※「ダイビング参加」費用については、各店舗のプランによって異なってきます。

※掲載している金額は2021年4月時点で調査した最安値となります。

※オープンウォーターダイバーの価格で調べています。

※公式HPにて価格項目の明記がされている店舗となります。

※価格はキャンペーン価格ではなく、「標準価格」で調べています。