TOP » ダイビングライセンス取得でよくある質問/疑問 » ダイビングライセンスを取得する流れ

ダイビングライセンスを取得する流れ

ダイビングライセンスを取得する流れ

海の世界を堪能できることで、人気の高いスキューバダイビングですが、実際に始めるためにはライセンスが必要となります。

このページでは、ライセンスを取得するまでの流れについて紹介していきます。

ダイビングライセンス取得までの5ステップ

地上とは別世界である、海の世界を堪能できるスキューバダイビング。誰もが一度は憧れると言われていますが、実際に始めるためにはライセンスを取得することが必須となります。

そこで、ダイビングスクールでライセンスを取得するまでの流れ「5ステップ」をご紹介しましょう。

ステップ1:ダイビングスクールを選ぶ

ダイビングライセンスを取得するには、ダイビングスクールで取得に向けたコースを受講するのが最も一般的です。

そのため取得に向けての第一歩として、受講するダイビングスクールを選びましょう。スクールを選択するにあたって、インターネットで情報を得ることも大切ですが、何よりも実際に足を運んで確認してみることが一番確かです。

実際のスクールスタッフの対応や、インストラクターの指導力などを知るために、無料の体験レッスンを受けてみるのがおススメになります。

ステップ2:学科講習で知識を学ぶ

受講するダイビングスクールが選べたら、いよいよライセンス取得に向けた講習に入ります。

まず、ライセンス取得コースではじめに行うが「学科講習」です。

学科講習では、1日かけてスキューバダイビングについての知識を学んでいきます。

この学科講習がこれからのダイビングの基礎をなりますので、しっかりとダイバーとしての基本的なルールなどを、しっかりと勉強しましょう。

学科講習の主な内容

学科講習の最後に行われる筆記試験を合格すれば、晴れて次のステップへと進むことができます。

ステップ3:プール実習で水に慣れる

学科講習をクリアしたら、学んだ内容を実際に水の中で体験していくのが「プール実習」です。

プール実習は水や水中での泳ぎ方に慣れるために行われますので、初めは水金の浅い場所からスタートします。

プール実習の主な内容

ダイビングを安全に楽しむためには、身につけなければならないスキルはたくさんあります。

プール実習の後半では、もう少し水深の深い場所に移動して練習を行うことになります。

ステップ4:海洋実習で模擬ダイビングを行う

「プール実習」で水中での動きなどを学んだ後は、実際に海に出て行う「海洋実習」へと移行していきます。

当然ですが、海洋実習はプールではなく、実際に海に出て行われますので、模擬ダイビングとも呼ばれています。

プール実習に比べると水深はさらに深くなりますが、インストラクターがついているので心配はいりません。

彼らの監督・指示のもと、何度も練習を繰り返していき、実習修了後には仮のCカードが発行されます。

ここまでくれば、後は仮ではないダイビングライセンス(Cカード)の発行を待つのみとなります。

ステップ5:「Cカード」を受け取る

海洋実習修了後に仮のCカードが発行されてから約2~3週間後、実際のCカード(ダイビングライセンス)が取得できます。

以上が、ダイビングライセンスを取得するまでの流れになります。講習では、安全にダイビングをする上で必要不可欠な技術や知識を学んでいきます。

つまりライセンス(Cカード)は、それらをきちんと修得しました、という証明書でもあるのです。

憧れのスキューバダイビングを思いっきり楽しむためにも、ぜひライセンス取得を目指しましょう!

都内でお勧めしたいコスパの良い
ダイビングスクールPickup!
Buddy Tokyo
資格取得66,000円
ダイビング参加10,000円~
S2CLUB東京店
資格取得68,500円
ダイビング参加25,000円~
ココナッツ
資格取得72,562円
ダイビング参加20,000円~

※上記3店舗の「資格取得」費用については全て税込価格となります。

※「ダイビング参加」費用については、各店舗のプランによって異なってきます。

※掲載している金額は2021年4月時点で調査した最安値となります。

※オープンウォーターダイバーの価格で調べています。

※公式HPにて価格項目の明記がされている店舗となります。

※価格はキャンペーン価格ではなく、「標準価格」で調べています。