TOP » オトナの趣味に新提案!ダイビングという選択肢 » 自前で揃えるダイビング器材

自前で揃えるダイビング器材

ダイビング器材は自前で備えるべき?

ダイビングライセンスを取得したら、次はダイビング器材を備えなければ、と思う方も多いかもしれません。

けれど、ほとんどのダイビングショップにはレンタル用のダイビング器材がありますので、必ずしも自前で備えなくてもダイビングを楽しむことはできます。

そうはいっても、やっぱり自分だけのマイ器材を揃えたい、という方もいるでしょう。

また、ダイビングをする頻度が高い方は、レンタルよりも自前のものを揃えたほうが予算的にも割安となります。

でも一度に全部備えるというのは、かなり高額な出費になってしまいますので、レンタルを利用しながら少しずつ揃えていくのがおススメです。

まずはダイビングマスクから備える

まず初めに自前の機材として備えたいのが「ダイビングマスク」です。

ダイビングマスクは直に顔に装着するものですから、やはりレンタルより自前の方が不快感はないですし、また自分の顔の形に合ったものでなければ、マスクの中に水が入りやすくなってしまいます。

さらにスノーケルも同じメーカーでセット購入すればより扱いやすい組み合わせとなります。

こちらのセット価格の予算相場は、1万円~2万円となっています。

参照元HP:World Diving
https://www.owd.jp/skill/mame/my-gear/

ダイバーの必需品、ダイブコンピューターを備える

次に備えたい器材は、「ダイブコンピューター」です。

これは、ダイビング中の水深・浸水時間・水温・最大水深・減圧不要限界などを自動で計測し、リアルタイムで表示してくれる器材で、ダイバーの安全を守るためにも装着が欠かせないアイテムです。

備えていないと、エントリーができなかったり貸し借りも基本的に禁止なので、備えるべき器材といえるでしょう。

フィンと体に合ったウェットスーツを備える

続いて備えるのがおススメのアイテムは、「フィン」もしくは「ウェットスーツ」になります。

レジャー先でスノーケルを楽しむなら、マスク・スノーケル・フィンを揃えておけば大丈夫。フィンの予算相場は、1万円~2万円ほどとされています。

ウェットスーツは、やはり体に合った方が動きやすいですし、寒さからも防護してくれます。

こちらは、既製サイズのもので3万円~5万円ほど、オーダーメイドだった場合は10万円~20万円ほどが予算相場となっています。

参照元HP:World Diving
https://www.owd.jp/skill/mame/my-gear/

BCDとレギュレーターの重器材セットを備える

BCDとレギュレーターは高価なので、ダイビングをライフワークとして続けていくと決めてから、購入を検討されると良いでしょう。

こちらは定期的にメンテナンスが必要になるため、同じメーカーのものをセットで揃えるのがおススメです。

また、生命にかかわる器材でもあるので、中古品ではなくできれば新品で購入するのが望ましいです。BCDは4万円~7万円、レギュレーターは5万円~10万円ほどがおススメの予算相場となっています。

BCDとレギュレーターを揃えると、ダイビング用のカバンかメッシュバックも必要となりますので、覚えておきましょう。

参照元HP:World Diving
https://www.owd.jp/skill/mame/my-gear/

その他に備えるのにおススメのアイテムは

上記の他にダイビング器材として備えておきたいのが、漂流した際に助けを呼ぶ「シグナルフロート」と、水中でトラブルを知らせることができる「ダイビングホーン/ダイビングベル」の2つです。

これらは安全面を考えると、ぜひ備えたいおすすめアイテムといえます。

都内でお勧めしたいコスパの良い
ダイビングスクールPickup!
Buddy Tokyo
資格取得66,000円
ダイビング参加20,000円~
S2CLUB東京店
資格取得68,500円
ダイビング参加25,000円~
ココナッツ
資格取得72,562円
ダイビング参加20,000円~

※上記3店舗の「資格取得」費用については全て税込価格となります。

※「ダイビング参加」費用については、各店舗のプランによって異なってきます。

※掲載している金額は2021年4月時点で調査した最安値となります。

※オープンウォーターダイバーの価格で調べています。

※公式HPにて価格項目の明記がされている店舗となります。

※価格はキャンペーン価格ではなく、「標準価格」で調べています。