TOP » オトナの趣味に新提案!ダイビングという選択肢 » ダイビングにかける平均予算

ダイビングにかける平均予算

ダイビングをするために必要な平均予算とは

スキューバダイビングを実際に楽しむためには、ショップを通してコースに申し込んだり、器材をレンタルしたりとある程度の費用が必要となります。

そこで、実際にコースに申し込んで1日ダイビングを楽しんだとして、どのくらいの予算が必要となるのかを調べてみました。

コースへの参加費用

まずダイビングをするには、ショップに申し込んでコースの予約をとり、参加費用を支払います。

価格はショップによっても異なりますが、参加できるコース別に平均予算をご紹介しましょう。

「体験ダイビング」コースの平均参加費用

体験ダイビングは、ライセンスがなくても参加できる初心者向けのコースです。

体験ダイビングでは、1日1回のダイビングが基本となりますが、希望すればもう1回追加することも可能となるようです。

そんな体験ダイビングの平均参加費用は、以下のようになります。

基本的に1回の参加費用は、10,000円以上を設定しているショップがほとんどのようです。

また、もう1回分を追加するには、大体5,000円~7,000円くらいの追加料金が相場だそうです。

参照元HP:Diver lounge
https://diverlounge.com/

「ファンダイビング」コースの平均参加費用

ファンダイビングは、ダイビングライセンス(Cカード)を所持している方が、申し込むことができるダイビングコースです。

ファンダイビングでは、1日2回の潜水がセットになっていることがほとんどです。その平均参加費用は、下記のようになります。

このように、実は体験ダイビングより価格帯が安めなのが、ファンダイビングコースの特徴となっています。

参照元HP:Diver lounge
https://diverlounge.com/

「ファンダイビング」コースの平均参加費用

ファンダイビングは、ダイビングライセンス(Cカード)を所持している方が、申し込むことができるダイビングコースです。

ファンダイビングでは、1日2回の潜水がセットになっていることがほとんどです。その平均参加費用は、下記のようになります。

このように、実は体験ダイビングより価格帯が安めなのが、ファンダイビングコースの特徴となっています。

参照元HP:Diver lounge
https://diverlounge.com/

器材などのレンタルにかかる費用

ダイビングをするために必要な器材を持ち合わせていなくても、ショップにはレンタル用の器材が用意されていますので、それを利用してダイビングを楽しむことができます。

器材をレンタルした場合、おおまかに以下のような費用が平均的な相場となります。

上記のセットの他にも、各器材個別のレンタルも行っていますので、必ずしもセットでなければレンタルできない、ということではありません。

またフルレンタルの場合、冬の時期ドライスーツを使用する場合は、大体1,000円程度価格が高くなるそうです。

参照元HP:Diver lounge
https://diverlounge.com/
都内でお勧めしたいコスパの良い
ダイビングスクールPickup!
Buddy Tokyo
資格取得66,000円
ダイビング参加20,000円~
S2CLUB東京店
資格取得68,500円
ダイビング参加25,000円~
ココナッツ
資格取得72,562円
ダイビング参加20,000円~

※上記3店舗の「資格取得」費用については全て税込価格となります。

※「ダイビング参加」費用については、各店舗のプランによって異なってきます。

※掲載している金額は2021年4月時点で調査した最安値となります。

※オープンウォーターダイバーの価格で調べています。

※公式HPにて価格項目の明記がされている店舗となります。

※価格はキャンペーン価格ではなく、「標準価格」で調べています。