TOP » オトナの趣味に新提案!ダイビングという選択肢

オトナの趣味に新提案!ダイビングという選択肢

もっと充実した人生を送るために、大人でも続けられる趣味を持ってみませんか?

社会人3年目の僕が、最近熱中しているスキューバダイビング。その良さを、皆さんにお伝えしたいと思います。少しでも多くの方が、ダイビングの良さに気づいてくれると嬉しいです。

レジャーを目的としたダイビングには、ライセンスなしでも参加できる「体験ダイビング」とライセンス取得者が参加できる「ファンダイビング」があります。

スキューバダイビングを趣味として続けていくなら、自前の機材を揃えることを考えても良いかもしれません。各パーツについて調べています。

スキューバダイビングを楽しむためには、機材レンタルや移動費など、何かと費用がかさんでしまう傾向にあります。1日の行動でどれくらい必要となるのか調べています。

いくつになっても新しい趣味として新たな一歩を踏み出すのは、とてもステキなことです。ダイビングに興味があるシニア世代に向けて様々な情報をまとめています。

各店舗でそれぞれに行っている無料説明会ですが、無料だからという訳ではありませんが、しっかりと事前情報を仕入れるためには参加するべきだと考えます。主にどういった流れ・内容になるかをまとめています。

海の中では、時に予期せぬトラブルに見舞われることも考えられます。パニックになりケガや重大な事故に繋がらないよう、冷静な対処ができる知識と心構えを身に着けましょう。

東京から最短30分で到着できる離島でのダイビングスポットについて紹介しています。遠いようで近いステキな海をチェックしてみてください。

ライセンスとりたての方は、もどかしいかも知れませんが、自分のレベルに合わせた海で経験を積むことも視野に入れておきましょう。回数を重ねることで様々な状況・環境に適応できるようになります。

海外の海でダイビング!と目的が明確になっている方は、目指すべきダイビングスポットの情報をしっかりと把握し、初心者の方でも安心して潜れる海外の海を紹介しています。

視力が悪い方にとって視界の悪さは、ダイビングの魅力を損なう重要なポイントになります。しっかりとダイビングを楽しむためにもどのような対応が可能なのか、事前情報として知っておきましょう。

都内でお勧めしたいコスパの良い
ダイビングスクールPickup!
Buddy Tokyo
資格取得66,000円
ダイビング参加10,000円~
S2CLUB東京店
資格取得68,500円
ダイビング参加25,000円~
ココナッツ
資格取得72,562円
ダイビング参加20,000円~

※上記3店舗の「資格取得」費用については全て税込価格となります。

※「ダイビング参加」費用については、各店舗のプランによって異なってきます。

※掲載している金額は2021年4月時点で調査した最安値となります。

※オープンウォーターダイバーの価格で調べています。

※公式HPにて価格項目の明記がされている店舗となります。

※価格はキャンペーン価格ではなく、「標準価格」で調べています。