TOP » 知っておきたい!ダイビング指導団体の違いをチェック » SSI

SSI

SSい公式キャプチャ

画像引用元:SSI公式HP(https://www.divessi.com/ja/)

国内外で通用するダイビングライセンスを発行している指導団体・SSI。

「ダイビングは経験を積むごとに習慣となり、それによってダイビングの快適さが増していく」という考え方を持っているため、ライセンスの発行についても経験を重視しています。

グレードが高いインストラクターが多いと好評なSSIの教育内容をチェックしてみましょう。

豊富な知識と経験が身に付くレベルアッププログラム

SSIの資格取得は時間がかかります。他の指導団体とほぼ共通であるアドバンスの資格で合っても、24回以上のダイビング経験が必要となります。

しかし、だからこそSSIは、経験重視でグレードが高いという認識がダイビング業界にあるようです。

オープンウォーターダイバー 初心者レベルのダイバーがライセンスの取得を目指すカリキュラム。基本的なダイビング知識と、実際の機器にふれて取り扱い方などを覚えます。取得後は、水深18mまで潜ることができるようになります。
スペシャルティダイバー 高所やボートからのダイビングや、より深い潜水ができるディープダイビングなど、自分の目的にあったカリキュラムを受講できるコース。12本以上のダイビング経験と、スペシャルティコースのうち2種類の講座を修了することで、スペシャルティダイバーのライセンスを取得することができます。
アドヴァンスドオープンウォーターダイバー 高所やボートからのダイビングや、より深い潜水ができるディープダイビングなど、自分の目的にあったカリキュラムを受講できるコース。12本以上のダイビング経験と、スペシャルティコースのうち2種類の講座を修了することで、スペシャルティダイバーのライセンスを取得することができます。
マスターダイバー 50本以上のダイビング経験、スペシャルティコースのうち2種類の講座を修了、さらにストレス&レスキュースペシャルティライセンス取得コースを修了することで発行されるライセンス。SSIで発行されるアマチュアライセンスの中で最高ランクのものとなります。

SSIのライセンス年会費について

SSIのライセンスのうち、上記で紹介しているアマチュア資格に関しては、年会費の発生はありません。

なお、プロのインストラクターとして活動する場合は、SSIのライセンスが取得できる店舗にてご確認ください。

都内でお勧めしたいコスパの良い
ダイビングスクールPickup!
Buddy Tokyo
資格取得66,000円

公式HPに税表記はありませんでした

ダイビング参加20,000円~

公式HPに税表記はありませんでした

S2CLUB東京店
資格取得68,500円

公式HPに税表記はありませんでした

ダイビング参加18,000円

公式HPに税表記はありませんでした

ココナッツ
資格取得65,780円
ダイビング参加要問合せ

※「ダイビング参加」費用については、各店舗のプランによって異なってきます。

※掲載している金額は2021年4月時点で調査した最安値となります。

※オープンウォーターダイバーの価格で調べています。

※価格はキャンペーン価格ではなく、「標準価格」で調べています。