TOP » 知っておきたい!ダイビング指導団体の違いをチェック » SNSI

SNSI

SNSI公式キャプチャ

画像引用元:SNSI公式HP(https://scubasnsi.goscubasnsi.com/?lang=ja)

今、ダイビングの団体で注目を集めているのがダイビングの聖地として知られるイタリアで1994年に設立された、SNSI(Scuba and Nitrox Safety International)です。

イタリアのダイビング業界の先駆け的存在のウンベルト・ペポリ氏が設立した団体で、現在は、CEOであるフルビア・ラミ氏に継承され、ここ数年でネットワークを世界中に広げて急成長しています。

このページでは、このSNSIについてご紹介。資格取得に必要な講習内容などを詳しく解説しているので、興味がある人は参考にしてみてください。

SNSIのカリキュラムの特徴

SNSIでは、レクリエーショナルコース、テクニカルコース、プロフェッショナルコースと3つのカリキュラムを用意。

レクリエーショナルコースは、ダイビング初心者が始める方法や様々な資格を取得するための講座などが盛り込まれています。

テクニカルコースは、よりダイビングの経験や知識を深めたい人におすすめ。

プロフェッショナルコースは、ダイブのガイドを目指す人がより高度なダイビング技術や指導方法を学ぶことができます。

SNSIの資格

アドバンスドオープンウォーターダイバー

こちらは、39メートル(130ft.)にダイビングするためのトレーニングと認定を行うコース。全部で5回のダイブが必要となります。

最初は、ホバリングや浮力コントロールを行い、2回目はコンパスの使用法とナチュラルナビゲーションを組み合わせてダイビング。

3回目は、ナイトダイビングを行い、4回目は39メートル(130ft.)の水深でダイビングを計画して、深い水域でのダイビングを行います。

最後に、ボートとドリフトダイビングの基礎スキルを学べば終了です。

全てのトレーニングを問題なくこなすことができれば、SNSIアドバンスドオープンウォーターダイバーに認定されます。

BLSファーストエイド

緊急時の応急手当やCPR(心肺蘇生法)を正しく使用できるようトレーニングを受けるのが、こちらのBLSファーストエイド。

トレーニングの目的は、正しい神経運動性の知識とCPR運用方法を身につけることに加え、リスク要因やライフスタイルや生存反応と救助法の知識を学習することで、最短だと1日で終えることができます。

酸素サプライヤー

SNSI 酸素サプライヤープログラムは、酸素を使用したダイビングの緊急時の対応方法を身につけることが目的に行われます。

学科セッションとシミュレーショントレーニングで構成され、一般的に使用されている酸素ユニットの正しい使用方法を身に付けることが可能です。

レスキューコース

自立したダイバーであると同時に、他のダイバーの緊急時にどのように対応すべきかというダイビングを別の観点から捉えることが求められるのがこちらのレスキューコースです。

自己救助や他人の救助を的確に行えるスキルとテクニックを習得することが目的で、3回の学科セッションと4回の海洋セッションをこなさなければなりません。

SNSIのライセンス年会費について

SNSIのライセンスに関する費用としては、登録料・年会費が必要です。
※詳細については各店舗にてご確認ください。
都内でお勧めしたいコスパの良い
ダイビングスクールPickup!
Buddy Tokyo
資格取得66,000円
ダイビング参加20,000円~
S2CLUB東京店
資格取得68,500円
ダイビング参加25,000円~
ココナッツ
資格取得72,562円
ダイビング参加20,000円~

※上記3店舗の「資格取得」費用については全て税込価格となります。

※「ダイビング参加」費用については、各店舗のプランによって異なってきます。

※掲載している金額は2021年4月時点で調査した最安値となります。

※オープンウォーターダイバーの価格で調べています。

※公式HPにて価格項目の明記がされている店舗となります。

※価格はキャンペーン価格ではなく、「標準価格」で調べています。