TOP » 知っておきたい!ダイビング指導団体の違いをチェック » PADI

PADI

PADI公式サイトキャプチャ

画像引用元:PADI公式HP(https://www.padi.co.jp/)

世界中で発行されるCカードのうち、6割がPADIのものだといわれているほど、ダイビング業界でメジャーな指導団体であるPADI。

世界最大のダイビング教育機関といっても過言ではないでしょう。ではなぜ、世界のダイバーがライセンス取得をするためにPADIを選択するのでしょうか?その理由を探ってみました。

レベルや目的に応じて選べるフローチャート

多くの指導団体が、ダイバーのレベルや目的に応じて、レベルアップしていくことを可能とするカリキュラムを用意しています。 ダイビング未経験者が目指すライセンスとして一般的な、オープンウォーターダイバーコースの他に、PADIが用意しているスキルアップコースはどのようなものがあるのか、探ってみました。

オープン・ウォーター・ダイバー・コース ダイビング未経験の方が、Cカードの取得を目指すコース。海の中での泳ぎ方やトラブルの回避法などを中心に、安全にダイビングを楽しむために重要な知識とスキルを学びます。
アドベンチャー・イン・ダイビング・プログラム アドベンチャー・ダイバー・コース、アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コースのライセンス取得を目指すコース。コンパスを使って移動する講習や、より水深の環境を把握する講習、魚の見分け方や水中カメラの使い方など、多くの知識が身に付く内容となっています。
レスキュー・ダイバー・コース ダイビング中に生じるトラブルの対処法や、それを未然に防ぐための能力や知識について学ぶコース。自分自身だけでなく、他のダイバーの安全も気遣えるようになり、ダイバーとしても大きな誇りを持てるでしょう。

PADIのライセンス年会費について

ここでご紹介している3つのプログラムを経て、ライセンスを取得した方に関しては、年会費の発生はありません。

ライセンス資格として、一定ランク以上の資格を有するようになって場合ンは、下記に記載する費用が発生いたします。

ダイブマスター(DM) ¥26,950
インストラクター(INST) ¥36,960
都内でお勧めしたいコスパの良い
ダイビングスクールPickup!
Buddy Tokyo
資格取得66,000円
ダイビング参加10,000円~
S2CLUB東京店
資格取得68,500円
ダイビング参加25,000円~
ココナッツ
資格取得72,562円
ダイビング参加20,000円~

※上記3店舗の「資格取得」費用については全て税込価格となります。

※「ダイビング参加」費用については、各店舗のプランによって異なってきます。

※掲載している金額は2021年4月時点で調査した最安値となります。

※オープンウォーターダイバーの価格で調べています。

※公式HPにて価格項目の明記がされている店舗となります。

※価格はキャンペーン価格ではなく、「標準価格」で調べています。