HOME » ダイビングライセンス(Cカード)情報まとめ » 更新・紛失・再発行はどうすればいいの?

更新・紛失・再発行はどうすればいいの?

ライセンスに更新は不要!

結論から言いますと、ダイビングライセンスは更新が必要ありません一度ライセンスを取得してしまえば、ご自身が「リタイアする」と決めるまで、ずっとダイビングを楽しむことができるのですから、趣味としてダイビングを始めるならCカードは取得しておいたほうがいいですね。

ただ、久しぶりにダイビングする場合は、それなりにフォローしてもらわないと不安ですので、インストラクターさんに自己申告しましょう。「ライセンスをとったけどそれっきりになってしまった」というようなブランクダイバー向けのコースを用意しているスクールもありますので、しっかりと相談に乗ってもらえると思いますよ。

ライセンスを紛失した!再発行の手続きと費用

ライセンスを失くしてしまった場合は、再発行をすることが可能です。なおその方法は、発行元である指導団体によって異なります。メジャーである3つの指導団体を例に挙げてご紹介しましょう。

団体名 手続き方法 再発行料目安
PADI コースを受講したショップ、PADIダイブセンター、PADIインストラクター所属のショップなどで手続きができます。
「出向く時間がない」「近くに再発行できる施設がない」などの場合は、PADIジャパンに直接申請することもできます。
申請料3,800円(税別)
SSI 国内で取得した場合は、取得したSSIダイブセンターへ問い合わせを。
再発行のための写真、再発行料(要SSIディーラーへの問い合わせ)、返信用封筒と切手を送ることで再発行が受けられます。
海外で取得した場合は、海外SSI支部での再発行が受けられます。SSIジャパンに必要な書類などを送り、再発行料6,480円を支払うことで再発行ができます。
 再発行料6,480円(税込)
NAUI NAUI加盟店やインストラクターに依頼することで再発行することができます。郵送での再発行も可能。
WEB発行の場合は、代引き手数料¥324、発送手数料540~1,296円(地域によって異なる)が別途必要です。
 再発行料6,480円(税込)

ライセンス発行団体を変更!クロスオーバーとは

スクーバダイビングのライセンスを発行する指導団体を変えることを、クロスオーバーと言います。たとえば、PADIでオープンウォーターダイバーのライセンスを取得した後、上位資格であるアドバンスオープンウォーターダイバーをSSIで取得することも可能です。これは特に手続きなどは必要ありません。何食わぬ顔で、希望する指導団体の講習を受けてください。

ライセンス取得を目指してスキューバダイビング体験レポート

ライセンス取得をサポートする
都内のダイビングスクール

※このサイトは、ダイビング初心者である一般人が集めた情報をまとめたサイトです。(2017年6月)
最新のものや詳しいコース内容については、各スクールの公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP