HOME » 教えて!スキューバダイビングのライセンスについて » お金と時間はどのくらいかかる?

お金と時間はどのくらいかかる?

ライセンス取得にかかるお金が知りたい!

まず知っていただきたいのが、ライセンス取得の費用には、定価といった基準が存在しないということ。基本的に、ダイビングスクールが指導団体から教材や器材を購入し、申請料を支払って、お客様にライセンスを発行するのですが、これがダイビングショップの仕入れとなります。これらを使用したサービス内容は、各ダイビングスクールが独自に決めているため、ライセンス取得のための費用はダイビングスクールによって大きく差があるのです。

ライセンス取得費用の相場について

それでは、ライセンス取得費用の一般的な相場をお教えしましょう。これは、ライセンスをどこで取得するかによって、大きく3つに分けることができます。

都市型 駅から近く、学校や仕事帰りに立ち寄るのに便利なスクールで、都市部に多い形態なので「都市型ショップ」と呼ばれています。 7~10万円
郊外型(現地型) 車で来店する人のために駐車場を備えている場合が多く、敷地も広めで設備が充実している場合が多いのが特徴。
大都市近郊や地方都市によく見られるショップです。
5~8万円
リゾート型 ダイビングポイント近くに位置しているので、そのポイントに精通しているのが特徴です。
基本的には現地集合・現地解散ですが、指定の駅に集合すれば送迎してくれるショップも多いようです。
3~6万円

主な費用の内訳について

ライセンスを取得するまで、講習費の他にどういった費用がかかっているのかをまとめました。しっかりと内訳を把握していれば、各ダイビングスクールが提示する費用が安いのか高いのかイメージしやすいと思いますよ。

  • 講習費(学科講習費+プール講習費)
  • 教材費
  • ダイビング器材レンタル費用
  • ダイビング施設の使用料
  • 保険料
  • Cカード申請料(指導団体に支払うもの)

上記に加えて、スクールへ通うための交通費のことも頭に入れておきましょう。

また、ダイビングスクールやショップのホームページで表示されているライセンス取得費用には、必要となるすべての料金が含まれていない場合があります。例えば、宿泊が必要なのに宿泊費が別途で表示されていたり、器材のレンタルができず購入費用が別途かかってしまったり、学科講習の教材が高かったり、海洋実習のための海への移動費用が必要だったり…。「安い!」と思っても、これらの項目を別に請求され、結果的に相場よりも高くついてしまったというケースも少なくはないようです。
このように、表示された料金に含まれていないものがあるかもしれないということを踏まえ、電話での問い合わせや、事前説明会に参加するなどして、あらかじめ確認しておきましょう。

ライセンス取得までにかかる時間が知りたい!

ダイビングライセンスの講習は、学科講習1日 ・プール実習1日 ・海洋実習2日というカリキュラムが基本。必要な期間は4日程度であると考えておきましょう。

また、リゾート地では、ライセンス取得のための3泊4日プランなども企画されているので、そういったものに参加して取得するのも1つの方法です。

ライセンス取得を目指してスキューバダイビング体験レポート

※このサイトは、ダイビング初心者である一般人が集めた情報をまとめたサイトです。(2016年7月)
最新のものや詳しいコース内容については、各スクールの公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP