HOME » ダイビングライセンス(Cカード)情報まとめ » お金と時間はどのくらいかかる?

お金と時間はどのくらいかかる?

ライセンス取得にかかるお金が知りたい!

まず知っていただきたいのが、ライセンス取得の費用には、定価といった基準が存在しないということ。

基本的に、ダイビングスクールが指導団体から教材や器材を購入し、申請料を支払って、お客様にライセンスを発行するのですが、これがダイビングショップの仕入れとなります。

これらを使用したサービス内容は、各ダイビングスクールが独自に決めているため、ライセンス取得のための費用はダイビングスクールによって大きく差があるのです。

ライセンス取得費用の相場について

それでは、ライセンス取得費用の一般的な相場をお教えしましょう。これは、ライセンスをどこで取得するかによって、大きく3つに分けることができます。

都市型 駅から近く、学校や仕事帰りに立ち寄るのに便利なスクールで、都市部に多い形態なので「都市型ショップ」と呼ばれています。 7~10万円
郊外型(現地型) 車で来店する人のために駐車場を備えている場合が多く、敷地も広めで設備が充実している場合が多いのが特徴。
大都市近郊や地方都市によく見られるショップです。
5~8万円
リゾート型 ダイビングポイント近くに位置しているので、そのポイントに精通しているのが特徴です。
基本的には現地集合・現地解散ですが、指定の駅に集合すれば送迎してくれるショップも多いようです。
3~6万円

主な費用の内訳について

ライセンスを取得するまで、講習費の他にどういった費用がかかっているのかをまとめました。しっかりと内訳を把握していれば、各ダイビングスクールが提示する費用が安いのか高いのかイメージしやすいと思いますよ。

  • 講習費(学科講習費+プール講習費)
  • 教材費
  • ダイビング器材レンタル費用
  • ダイビング施設の使用料
  • 保険料
  • Cカード申請料(指導団体に支払うもの)

上記に加えて、スクールへ通うための交通費のことも頭に入れておきましょう。

また、ダイビングスクールやショップのホームページで表示されているライセンス取得費用には、必要となるすべての料金が含まれていない場合があります。

例えば、宿泊が必要なのに宿泊費が別途で表示されていたり、器材のレンタルができず購入費用が別途かかってしまったり、学科講習の教材が高かったり、海洋実習のための海への移動費用が必要だったり…。

「安い!」と思っても、これらの項目を別に請求され、結果的に相場よりも高くついてしまったというケースも少なくはないようです。


このように、表示された料金に含まれていないものがあるかもしれないということを踏まえ、電話での問い合わせや、事前説明会に参加するなどして、あらかじめ確認しておきましょう。

ライセンス取得までにかかる時間が知りたい!

ダイビングライセンスの講習は、学科講習1日 ・プール実習1日 ・海洋実習2日というカリキュラムが基本。必要な期間は4日程度であると考えておきましょう。

また、リゾート地では、ライセンス取得のための3泊4日プランなども企画されているので、そういったものに参加して取得するのも1つの方法です。

ダイビングライセンスを取得したら揃えたいMyスーツの値段

ダイビングライセンスを取得してダイビングを楽しめるようになってきたら、自分専用のスーツもほしくなってきますよね。ダイビングの装備にかかる値段の相場をチェックしておきましょう!

自分だけのウェットスーツを!フルオーダーで5~8万円が相場

ウェットスーツは今後ダイビングを続けていく上で欠かせないアイテムです。自分の好きなデザインのウェットスーツなら使うのが楽しみになりますし、しっかりとした装備のものを選べば冬のダイビングでも比較的快適に潜ることができるでしょう。

ウェットスーツを購入するならフルオーダーがおすすめです。自分の好きなデザインを選べるのはもちろん、自分の体のサイズにフィットするスーツというのはやはり快適さが違います。今後長くダイビングを楽しみたいのなら、早めにオーダーメイドのウェットスーツを作っておきましょう。

価格の相場は5万円から8万円程度。装備の追加などで料金に差が出ます。ネットなどの格安のウェットスーツをオーダーする際はクチコミなどをチェックして信頼できる業者かよく確認しておきましょう。

自分専用のマスクで衛生的に。価格は1~2万円

ダイビングをする上でマスクは必須ですよね。目元をカバーしてくれるものをマスクと言います。水泳用のゴーグルとの最大の違いは鼻もマスクの中に収めることができるかどうかでしょう。この鼻も覆ってくれるという点が、ダイビングでは重要です。

レンタルをするとどうしても自分の顔の形に合わないものしかなく不快な感覚のままダイビングをすることになる場合もあります。また、どうしても衛生面が気になりますよね。自分の顔のサイズにぴったりのマスクを用意しておきましょう。

価格は10,000円から20,000円程度。いきなりウェットスーツは買えないという方も、マスクなら買いやすいですね。

ダイビングコンピューターでダイビングを管理!5~20万円が相場

ダイビングコンピューターとはダイビング用の腕時計のことです。普通の腕時計と違いもちろん防水で、現在潜っている深度、潜っている時間を図ることができます。

特に必要ないと感じるかもしれませんが、実はダイビングをする上で深度と時間を管理するのはとっても重要。体内に残っている窒素量を深度と時間から計算し、休憩時間を確保するのに役立ちます。

自分で計算する方法もありますが、最近のダイビングコンピューターは自動で計算してくれますよ。

価格はメーカーや性能によってかなりバラつきがありますが、5万円から20万円が相場。10万円以下のダイビングコンピューターも多く登場していますし、一度購入すれば長く使うことができるので一つ持っておくことをおすすめします。

本格的にダイビングを楽しむならマイタンクを!6~10万円で購入可能

さらに本格的に自分だけの装備を揃えたい!という方はタンクも揃えましょう。タンクは本当に様々なメーカーがありますが、レンタルしているときはどのメーカーがどうで…ということはあまり考えていないかと思います。

そこで、いずれタンクの購入をお考えの方には毎回メモを取っておくことをおすすめします。ダイビングのタンクにはアルミタンクとスチールタンクがあります。スチールの方が重たく、タンクの直径も太くなります。

いざタンクを購入するときに、どんなものを使っていたのか、どれが使いやすかったのか分からない…ということがないようにしてください。

タンクの価格は6万円から10万円程度が相場ですが、ショップに行けば割引してくれるケースが多いです。中には半額くらいにしてくれるショップもありますので、迂闊にネットで定価近い価格で買ってしまわないようにしましょう。逆にショップで購入する際も、割引が可能かどうかの交渉は行うようにしてください。

ライセンスを安く取得できる東京のダイビングスクールBEST3

ダイビングライセンスの取得にはお金がかかる、といったイメージを持っている方は多いと思います。しかし、実際には高額な費用のかかるスクールばかりではありません。

そこで、安くライセンスを取得できる東京都内のスクールをご紹介します。

実績豊富で安くライセンスを取得可能!「ネオダイビング」

世界基準以上の講習を29,800円から受講可能!

ネオダイビングのオープンウォーターダイバーコースでは、29,800円でライセンスを取得できます。ドライスーツや器材のレンタル代、講習費やカード申請代など、ライセンス取得に必要な費用がすべて含まれていて、この他に必要なものは食事代だけ。

また、プールや伊豆半島での実習における送迎費用も無料で、スクールまで足を運びさえすれば、現地までの交通費もかかりません。

無料説明会も開かれているため、疑問点などがあれば聞いてみてください。

優良スクールとして公的機関から認証済

「そんなに安くて指導は大丈夫?」と心配する人もいるかもしれませんが、ネオダイビングは2003年に設立されて以来、いくつもの認証や受賞を受けているスクールなので、何も不安に思うことはありません。

2006年ルーキーオブザイヤー(新人賞)受賞。2012年継続教育認定比率実績が全国2位。2013年(社)レジャースポーツダイビング産業協会から、優良事業所認証。2014年標準ダイビング事業所認証。

上記の実績はごく一部にすぎません。

また、10年以上の豊富な経験を持ったインストラクターも常駐していて、海の魅力を存分に教えてもらうことができます。

女性1人でも安心の格安スクール!「ブルーアース21都立大」

季節のキャンペーンを利用すればキャッシュバックもある

ブルーアース21都立大では、ライセンス取得のキャンペーンが実施されています。通常49,000円のコースが、講習費18,000円で受けられるのです。

また、先着10名にクーポンで講習費を全額キャッシュバックするキャンペーンもあります。ただし期間限定になっているため、いつでもこの価格で受講できる訳ではありません。

マンツーマンのレッスンが追加無料など、安心して練習できます。

女性1人でも気軽にレッスンを受けられる

スクールには女性スタッフも3人いるため、女性1人でも気兼ねする必要はありません。「男性スタッフには慣れないかも……」「女同士が良い」という場合は、遠慮なく申し出てください。

ブルーアース21都立大には、女性専用の宿泊施設やパウダールームも完備されているので、女性には特におすすめのスクールといえます。

プロインストラクターが約50名!「パパラギダイビングスクール」

自分の都合に合わせた受講でダイバーになれる

パパラギダイビングスクールでは、週末や平日などの曜日は関係なく、連続して講習を受ける必要もありません。それぞれの事情や予定に合わせて受講できます。

オープンウォーターダイバーコースの費用は、通常価格55,000円。しかし、時期によって30,000円から受講できる場合もあるようです。

料金には、講習や海洋実習、カード申請料や施設使用料とシリンダーが含まれています。交通費や昼食代、教材費や器材レンタル代は含まれていないので気をつけてください。

コースによって内容や金額が異なるため、詳細は直接スクールへ問い合わせましょう。

約50名のインストラクターが在籍!

約50名ものプロインストラクターが在籍しているスクールは、世界でも多くありません。いつでも質の高い講習を受けられることでしょう。

また、短期集中的に1回の旅行で済ませたい場合や、50歳以上の方へ向けたメニューなどもあり、受講者にとって選択肢が多いのも特徴の1つです。

短期間でライセンスを取得できる東京のダイビングスクールBEST3

ダイビングライセンスを取得したいけど時間がない。空いている日が少ないから、最後まで受けられるか分からない。そんな忙しい方のために、短期間でダイビングライセンスを取得できるスクールをご紹介します。

インターネットを利用した学科講習!「キッチンダイブ」

時間のない人ができるネットを使った学科講習

キッチンダイブでは忙しい人へ向けて、インターネットを利用した自宅やモバイルでの学科講習を展開。24時間どこにいてもマニュアルを使って勉強することができます。

ただし、できればスクールでの講習を受けるほうが望ましいでしょう。スクールで講習を受ける場合は、3時間程度の予定です。

最終チェックに合格したら、実技トレーニングへ進むための加盟店を選びます。

全行程を3日間で終えられる

オープンウォーターの海洋実習は、1日目に穏やかな海。2日目に呼吸器のくわえ方や、マスクに入った水の取り除き方などを実習します。学科講習と合わせて、たった3日でライセンスの取得が可能です。

実習は6時半~20時くらいまであり、ツーリストダイバーのライセンスであれば、全講習を2日の日程で終えられます。ステップアップライセンスへの強要もありません。自分のペースで、少しずつ経験を積んでください。

最短3日でライセンスを取得できる「ピュアリー・ダイビングスクール」

基礎的な技術は3日で身に付けられる

ピュアリー・ダイビングスクールでは、申し込み後にデジタル教材が届けられます。これは講習を受ける前の自宅学習で、パソコンやタブレット、スマホなどを利用して勉強をします。デジタル教材だけではありません。環境が整っていない場合は、書籍教材も利用できます。

学科講習4時間、プール講習1日、海洋実習2日の3日間の実習プログラムとなっています。海洋実習ではフィッシュウォッチングなどもあり、楽しみながら学ぶことができます。

最大4名の少人数制海洋実習で確実にスキルアップ

海洋実習は最大4名の少人数制。マンツーマンでの受講も可能です。周りを気にする必要がなく、1人で申し込む場合やお友達と申し込む場合には特におすすめのスクールといえます。

ライセンス取得コースの説明会は公式サイトから予約できます。都合の良い日時を選んでください。

沖縄での海洋実習も人気!「ネオダイビング」

4日間に凝縮されたコースで取得

ネオダイビングのライセンス取得コースは、学科講習とプール講習、海洋講習をすべて含めて4日間の予定となっています。学科講習は3時間。営業時間は12時~21時までで、自分の都合のよい時間に受講可能です。

プール講習は足の届く深さから始めて、5mくらいまでのレッスンとなります。

海洋講習は西伊豆の海で行われ、週末の場合は2泊2日(金曜夜に出発)。平日の場合は1泊1日×2回(前日夜に出発)で、ライセンス取得後のレベルアップでは、3日間の講習でより高いスキルを学ぶこともできます。

海洋実習は沖縄の海で受けることもできる

プール講習のスキルさえあれば、海洋実習を沖縄の海で受けることもできます。その場合も実習期間は変わらず4日間。金曜の朝に那覇空港に集合して、土曜日までの実習となります。

日曜日には観光することもできるため、このコースで申し込む人も多いようです。コース終了後、ファンダイビングやスキルアップレッスンへ参加することも可能です。

高い技術とサービス品質を誇っており安心して通える

ネオダイビングは、一般社団法人日本レジャーダイビング協会(JLDA)から全国に30ヶ所しかない「優良事業所」として認定されています。また同法人から「優良ガイドダイバー」としても認定されており、初心者の方でも安心して通えるスクールです。

中野新橋駅から徒歩1分とアクセスもしやすいところもポイント。ライセンス取得入門コースの無料説明会を実施しているので、気軽に話を聞きに行けますね。

ライセンス取得を目指してスキューバダイビング体験レポート

ライセンス取得をサポートする
都内のダイビングスクール

※このサイトは、ダイビング初心者である一般人が集めた情報をまとめたサイトです。(2017年6月)
最新のものや詳しいコース内容については、各スクールの公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP