HOME » ダイビングライセンス(Cカード)情報まとめ » Cカードってなに?ダイビングライセンスの種類と特徴

Cカードってなに?ダイビングライセンスの種類と特徴

一般的に、ダイビングのライセンスは「Cカード」と呼ばれています。簡単に言うと、ダイビングをすることができる認定証のことですね。指導団体と呼ばれるダイビング教育機関が発行しており、この発行元によってその名称や内容も異なってきます。また、Cカードはスキルや経験に応じてランクが設定されており、ランクアップのコースを受講することで楽しみ方の幅も広がっていくのです。

一般的なライセンスの種類とその名称

車の免許にも、普通や中型、大型などと種類が存在するように、ダイビングのライセンスも目的に応じてさまざまなものがあります。ここでは、世界で最もメジャーな指導団体である、PADIのCカードを例にあげて紹介していきましょう。その他の指導団体でも、名称は違えど内容に大きな差はないので、参考にしてくださいね。

オープン・ウォーター・ダイバー(OWD)

ダイビングを趣味として楽しむために、一番初めに必要となるライセンス。器材を購入したり、タンクをレンタルしたりといったサービスを受けられるようになります。

また、バディであるダイバーと一緒に、水深18mまで潜ることができますが、OWDはダイビング入門のライセンスです。これを取っただけでは潜ることのできない場所や、参加できないコースやツアーもあることも知っておきましょう。

アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー(AOW)

OWDのライセンスを取得している方のみ、AOWのライセンスを取得できる講習に参加することが可能となります。取得後は、水深30mまで潜ることができるようになります。

国内はもちろん、海外のリゾートなどのさまざまなダイビングスポットのうち、名物とされている有名なポイントは深い場所にあることが多いため、このAOWが必須になってくることが多いようです。ダイビングをより楽しく、安全に続けていく上では不可欠なライセンスです。

レスキュー・ダイバー(RED)

ダイビングのプロを目指す方には必須となるライセンス。安全意識向上や、ダイビングスキルのレベルアップとして効果が高く、人気のあるコースです。

疲労や負傷したダイバーのための救助や、水中での応急処置、陸に上がってからの対応の仕方を習得できます。また、そういったトラブルを未然に防ぐ方法なども学ぶことができるようです。

マスター・スクーバ・ダイバー(MSD)

アマチュアでは最高ランクの資格。しかし、専門のコースがあるわけではなく、経験の多さや技術・スキルを表彰するといったCカードとなります。なお、MSDを発行されるためのダイビング本数は指導団体によって大きく異なります。

ダイビングの楽しみ方をマスターし、ダイバーたちのお手本になることができます。

ダイビングにライセンスは必要?取得するメリットとは

スキューバダイビングのツアーには、ライセンスがなくても参加できる「体験ダイビング」といったものがあります。無理にライセンスを取る必要はあるの…?そう考えている方のために、ライセンスを取得するメリットをご紹介します。

体験ダイビングとの違いについて

体験ダイビングでは、器材の操作など安全管理に関することはすべて一緒に潜るインストラクターが行います。つまり、自由に泳ぐことは出来ませんし、決められた範囲を泳ぐことしかできません。海の世界へ潜るのが初めてだという方は、体験ダイビングでも楽しめるかもしれませんが、ライセンス所持していて自由に泳ぎ回れるダイバーとは、楽しみ方が全く違うということも知っておきましょう。

ライセンスがあれば楽しめる範囲が広がる!

Cカードを取得すれば、世界中の海にあるダイビングポイントで、海の世界を楽しむことができます。また、ライセンスのランクをあげれば、潜れる深さや行ける場所の自由度が遥かに高くなるのです。自分のスタイルに合わせて、更に上のグレードを目指すことができれば、楽しみ方も無限大に広がりますね。

世界中の海で通用するライセンス!

何といっても、ライセンスは日本だけでなく海外でも使えるのが大きなメリット。海外でも体験ダイビングをすることは可能ですが、その都度講習を受けなければダイビングをすることはできません。一度ライセンスを取得してしまえば、海外に出かけた際に、その国ならではの海の世界を楽しむことができるのです。日本はもとより、世界各地の海の魅力を本当に堪能したいのなら、やはりライセンスを取得することをおすすめします。

海外で通用しないCカードに注意!

Cカードを発行している団体は、世界中にたくさんあります。しかし、ダイビングショップが勝手にカードを発行している場合もあり、そういったカードには信用も実績もないため、海外では通用しないこともありますから注意が必要です。Cカードは、世界的に信用のある団体が発行しているものを取得しましょう。ダイビングの指導団体である「PADI」「SSI」「NAUI」など、信頼のある団体が発行するCカードが取得できる講習を受けることをオススメします。

ダイビングの指導団体に関するもっと詳しい情報はこちら >>

国内と海外どっちのダイビングスクールを選ぶ?取得できるライセンスの種類は違う?

国内でも海外でも、どこで取得してもCカードの肩書きに変わりはありません。スキルによる種類の違いやそれを発行している団体、ダイビングスクールの対応力によって講習を受ける際の特色はありますが、どこでライセンスを取得するかは自分の考えや価値観で決めましょう。

ただ、現実的に考えてみてください。国内ではなく、海外のスクールでライセンス取得を希望するのであれば、環境や予算、習慣が異なり、言葉の壁なども存在しているため、海外での生活に慣れていない場合は大きなリスクとなるでしょう。

ダイビングスクールを選ぶ基準

ライセンスの取得に必要な費用

費用はスクールによって違いますが、現地で講習しているリゾート型であれば、3万円程度から対応しているところもあります。目先の価格に流されがちですが、自宅から現地までの移動はどうなっていますか?送迎のあるスクールだけではないので、現地への交通費を計算してみましょう。

では、海外のスクールでライセンスを取得するためには、いったいどのくらいお金が必要になると思いますか?まずは、その国へ渡航するための交通費。滞在するための宿泊費。生活するための食費など、取得する前に用意しておかなければならない費用が発生します。

どれだけの期間で取得するかにもよりますが、かなり高額になるため、それだけの費用を準備できるのであれば、国内でサービスの良いスクールへ行ったほうが確実です。

どのくらいダイビングスクールへ通うか

1回の講習で完璧に習得できる人はいません。学科、実技や実習を含めて4日~5日程度は時間が必要になります。そうなると、海外では最低でも現地へ4泊5日。飛行機での往復移動を含めると、5泊6日以上の滞在が求められるでしょう。

「長期休暇を使えるから大丈夫」という人なら問題ないとは言え、長期休暇を認めてもらえる人ばかりではありません。仕事や自分の都合を調整することが難しい場合は、駅などに近い都市型のスクールのほうが講習も受けやすいでしょう。

国内と海外のスクールにある最大の差

サービスやアフターフォローについて

国内のスクールであれば、ライセンスを取得した後でダイビングツアーなどの手配をしてもらうこともできます。宿泊施設が完備されているところや、器材預かりサービス、ダイビング以外でのイベントも催されたりするので、仲間やスタッフと楽しい時間を過ごせます。

海外のスクールを選んだ場合は、どこまでのサービスを利用できるかは分かりません。渡航前にある程度の情報を調べることはできますが、それがどの範囲まで含まれているものかを確認することは難しく、ライセンスの取得後に再度足を運ぶことも無いと考えたほうがよいでしょう。

言葉の違い

海外のスクールでは、ほぼ英語もしくは母国語しか通用しません。日本語を話せるインストラクターも存在していますが、それは限られた一部のスクールだけとなっています。そのため最低でも英語を話せなければ、現地のインストラクターと会話ができないでしょう。

例え日本語を話せるインストラクターが常駐していたとしても、体調や気持ちなどの細かいニュアンスを理解し合うのはハードルが高いですね。文化や安全策が違う海外では、日本と同じように丁寧な指導を望めるとは限らないのです。

スタッフの対応について

国内のスクールであれば、自分で問い合わせをして確かめることもできます。特に都市型のスクールであれば、直接お店に足を運ぶこともできるでしょう。電話やメールで質問をして、その返事によって判断することも可能です。

ただ、海外の場合はそれができません。問い合わせをするにしても旅行会社や代理店を経由することが多く、自分の感覚で、そこが合っているかどうかを見極めるのは難しいと思われます。

海外だと、「カッコ良い」というイメージばかり先行してしまいがちですが、安心して講習を受けられるのは国内のスクールでしょう。

ライセンス取得を目指してスキューバダイビング体験レポート

ライセンス取得をサポートする
都内のダイビングスクール

※このサイトは、ダイビング初心者である一般人が集めた情報をまとめたサイトです。(2017年6月)
最新のものや詳しいコース内容については、各スクールの公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP