HOME » ダイビングライセンス(Cカード)情報まとめ » ダイビングライセンス取得時に引っかかるとNGな健康診断項目

ダイビングライセンス取得時に引っかかるとNGな健康診断項目

ダイビングライセンスを取得する講習を受講する前に健康診断、病歴のチェックが必要になります。

どの項目に引っかかるとライセンス取得に影響するのでしょうか?

結論から言うと、下記の内容について1つでも当てはまる項目があった場合、該当の項目についての医師の診断書が必要となります。特に45歳以上の方は質問の項目が増えるため、特に気をつけなければなりません。

以下は質問事項の例です。

病歴や症状に関する質問一覧

  • 現在妊娠している、もしくはその可能性がある
  • 処方箋を使用した、または使用しない治療を定期的に受けている(避妊薬、マラリア予防薬は除く)
  • ぜんそくがある、または息がぜいぜいする、または運動すると息が切れる
  • 花粉症またはアレルギーの発作がたびたびある
  • 風邪、副鼻腔炎、気管支炎にかかりやすい
  • 肺疾患がある
  • 気胸である
  • 胸部の手術をした
  • 閉所恐怖症または広場恐怖症である
  • 体の一部または全部にマヒがある
  • てんかん、各種の発作、けいれんを起こした、またはその予防治療を行った
  • 乗り物酔い(自動車、船など)がよくある
  • ダイビング障害や減圧症にかかった
  • 軽い運動が困難
  • 5年以内に薬物またはアルコール依存の治療をした
  • 慢性の腰痛がある
  • 腰部または脊椎を手術した
  • 糖尿病の病歴がある
  • 手術、ケガ、骨折の後に腰部、腕、脚の障害がある
  • 5年以内に頭部損傷による意識の喪失がある
  • 何らかの心臓疾患の病歴がある
  • 心臓発作を起こしたことがある
  • 狭心症、または心臓血管の手術をした
  • 副鼻腔の手術をした
  • 耳の疾患、難聴、平衡感の障害にかかったことがある
  • 航空機や登山で、耳の圧平衡(耳抜き)に問題がある
  • 重傷や不整脈になったことがある
  • ヘルニアの病歴、またはかかっている
  • 潰瘍の病歴または手術歴がある
  • 結腸切開手術、または人工肛門の形成がある
  • 5年以内に薬物またはアルコール依存の治療をした
  • 偏頭痛によく襲われる。または、その予防治療を行った
  • 失神や意識が薄れたことがある(意識の全面的/部分的な喪失)

45歳以上の方への質問一覧

  • タバコ、葉巻、パイプを喫煙している
  • コレステロール値レベルが高い
  • 食事療法で調整しているが糖尿病である
  • 家族に心臓発作や脳卒中の病歴がある方がいる
  • 現在診療を受けている
  • 高血圧である

ダイビング講習を受けるにあたって注意すべき病歴

ダイビングは酸素が十分でない状況下で行うため、特に循環器系・呼吸器系に病歴がある場合は医師に相談することをおすすめします。また、水中では血液が皮膚の表面から中心部へと移動するため、心臓への負担が増します。重度の心臓弁膜障害や左心室機能障害がある場合は注意が必要です。

以下の病歴は特に注意する必要があります。

  • 糖尿病
  • てんかん
  • 喘息
  • 高血圧
  • 気胸

ダイビング前日や当日、運動面に影響する薬を服用したり、ダイビングの12時間前に飲酒をしたりした場合は申告をするようにしましょう。

ダイビング講習は体調を整えて

安全に楽しくダイビングをするためにも健康状態をチェックし、健康管理をすることは大切です。 講習の当日は以下の健康チェックをしましょう。

  • 体のだるさがないか
  • 睡眠は不足になっていないか
  • 体温は平熱か
  • 手足のしびれ、立ちくらみ、めまいがないか
  • 鼻づまりがなく、耳抜きができるか
  • 食欲はあるか
  • 飲酒はしていないか

以上のことに気をつけながら、体調管理を行っていきましょう。

非日常を味わうことができ、世界が広がるダイビング。安全に楽しくダイビングを行うためにも健康管理は重要になってきます。

過去の病歴や現在の気になる症状がある場合は事前に医師に相談しましょう。

ライセンス取得を目指してスキューバダイビング体験レポート

ライセンス取得をサポートする
都内のダイビングスクール

※このサイトは、ダイビング初心者である一般人が集めた情報をまとめたサイトです。(2017年6月)
最新のものや詳しいコース内容については、各スクールの公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP