HOME » ダイビングライセンス(Cカード)情報まとめ » 水深30m潜水可能!ダイビングのアドバンスライセンス

水深30m潜水可能!ダイビングのアドバンスライセンス

ダイビングの醍醐味の一つに、「いかに深く潜るか」というものがありますよね。

世界記録では2014年9月18日にエジプトの紅海ダハブで、エジプト人のアフメド・ガマル・ガブル氏が332.35mを記録しました。

それでは、実際にダイビングライセンスのアドバンスでは水深何メートルまで潜れるのかでしょうか?

アドバンスライセンスは「水深30m」まで潜れる!

PADIのオープン・ウォーター・ダイバーなどのエントリーレベルのライセンスを取得したダイバーの場合、バディと一緒に潜れるのは最大で水深18mです。 それよりさらに潜りたい場合は、水深の圧力に耐え、安全に潜るための講習を受ける必要があります。

PADIではさらに進んだ訓練を受ける「アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コース」を受講して、ライセンスを取得すると最大で水深30mまで潜ることが可能です。

よりもっと深い海に潜りたい、という場合は「ディープ・ダイバー・スペシャルティ・コース」があり、こちらは水深40mまで潜ることが可能になります。  

30mまで潜れるライセンス一覧

それでは、30mまで潜ることが可能なライセンスを指導団体ごとにご紹介します。

1. 「PADI」

アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー

「オープン・ウォーター・ダイバー」の上位ライセンスです。船でのダイビングなどの高いレベルのダイビングに適したメジャーなライセンスになります。

取得条件

オープン・ウォーター、ダイバー資格

レスキュー・ダイバー

プロを目指す人は必須のライセンス。救助の専門家としてのスキルを身につけます。

取得条件

  • 年齢15歳以上
  • アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、エマージェンシーファーストレスポンスプログラム資格

2. 「NAUI」

アドバンススクーバダイバー

「スクーバダイバー」の上位ライセンスです。10歳以上15歳未満はジュニアとしてのライセンスになります。

取得条件

  • 年齢15歳以上(ジュニアダイバーは10歳から可)
  • ダイバー資格 NAUIスクーバダイバーまたは同等資格保有者

スクーバレスキューダイバー/スペシャルティダイバー

プロを目指す人は必須のライセンスで、救助の専門訓練を受けます。

スクーバレスキューダイバーの取得条件

  • 年齢15歳以上(ジュニアダイバー不可)
  • ダイバー資格 NAUIスクーバダイバー、NAUI CPR&First Aidまたは同等資格保有者

スペシャルティダイバーの取得条件

  • 年齢15歳以上(ジュニアダイバーは10歳から可)
  • ダイバー資格 NAUIスクーバダイバーまたは同等資格保有者

スクーバレスキューダイバー、サーチ&リカバリー、ナイトロックス スペシャルティ

  • 年齢15歳以上(ジュニアダイバー不可)
  • ダイバー資格 NAUIスクーバダイバーまたは同等資格保有者

ディープダイビング スペシャルティ

  • 年齢18歳以上(ジュニアダイバー不可)
  • ダイバー資格 NAUIアドバンススクーバダイバーまたは同等資格保有者

3. 「SSI」

スペシャルティコース:SSIの「オープンウォーターダイバー」をすでに取得済みで、ダイビングの幅を広げたい、という人はこのライセンスを。DeepDivingライセンス取得時は、水深30mになります。

取得条件

  • 年齢18歳以上
  • オープンウォーターダイバー資格

4. 「JAPANCMAS」

アドバンスドオープンウォーターダイバー

取得条件

  • 年齢15歳以上
  • オープンウォーターダイバー資格

5. 「CMAS=JEFF」

アドバンススペシャリティ

DeepDivingライセンス取得時は、水深30mになります。

取得条件

  • 年齢15歳以上
  • オープンウォーターダイバー資格

アドバンスのライセンスで世界を広げよう

「アドバンスド・オープンウォーター・ダイバー・コース」では水中ナビゲーションで水中移動の方向感覚を身につけ、自由に泳ぐための「ボートダイビング」や「ナイトダイビング」、「沈船・洞窟ダイビング」など「オープン・ウォーター・ダイバー」よりもさらに進んだスキルをより深く学びます。

ダイビングは感覚を忘れないためにも、一定期間継続してダイビングをする必要があります。今まで経験していなかった深さにファンダイビングで潜ることがないようにしましょう。

未知の世界が体験できる、水深30mの世界。アドバンスライセンスで取得条件をクリアした後もダイビングの本数をこなし、十分に自信と実力をつけてから挑戦してみたいですね。

ライセンス取得を目指してスキューバダイビング体験レポート

ライセンス取得をサポートする
都内のダイビングスクール

※このサイトは、ダイビング初心者である一般人が集めた情報をまとめたサイトです。(2017年6月)
最新のものや詳しいコース内容については、各スクールの公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP