HOME » 教えて!スキューバダイビングのライセンスについて

教えて!スキューバダイビングのライセンスについて

ダイビングを楽しむためには、ライセンスの取得が必須。ライセンスは通称・Cカードと呼ばれており、正式名称はサティフィケーションカード(Certification Card)といいます。簡単に言えば、海に潜れるようになる認定書ですね。このカテゴリでは、その認定書を取得するにあたって必要な知識やよくある疑問をまとめています。初心者ダイバーの方はチェックしておきましょう。

お金と時間はどのくらいかかる?

どんな趣味を始めるときでも、一番気になるのは必要な費用。また、ライセンスが必要となるダイビングは、取得までにかかる時間も知っておきたいところです。通うスクールやツアー、指導団体によって、かかるお金や時間はさまざまです。まずは一般的な相場を紹介しますので、スクールやショップを選ぶ際の参考にしてくださいね。

取得するメリットはあるの?

数多くあるダイビングスクールやショップでは、体験ダイビングといって、ライセンスを取得していない方でも気軽にダイビングを体験することができるツアーを開催しているところも多くあります。ライセンスなしでもダイビングできるなら、わざわざ取得する必要はないんじゃない?そう思っている方のために、ライセンスを取得するメリットをお教えします。

ライセンスの種類が知りたい!

ライセンスにはさまざまな種類がありますが、一番初めに取得しなければならないのがオープンウォーターダイバーというCカードです。しかしこの資格だけでは、インストラクターの同伴がないとダイビングができませんし、潜れる深さも限定されています。一人でダイビングしたい方や、より深いところまで自由に潜りたい方、さらにインストラクターを目指したい方は、目的に合ったライセンスを再び取得する必要があります。指導団体によっても名称やできることが異なりますので、その内容をご紹介しましょう。

何歳でもライセンスを取得できるの?

スキューバダイビングは年齢性別問わず、多くの方々から注目されているスポーツです。子供と一緒に海へ潜りたいと思っている方、仕事の息抜きとしてダイビングを始めたいと考えている方…。さまざまな思いを持った未来のダイバーのために、スキューバダイビングの年齢制限をお伝えします。「子供が小さいから…」「ダイビングは若い子がやるものだから…」そんな悩みを持っている方はぜひ目を通してみてください。

更新・紛失・再発行はどうすればいいの?

ライセンスは、自動車免許のように更新手続きが必要なの?紛失してしまった場合はどうするの?再発行するにはいくら必要なの?ライセンスを所持するにあたって生まれてくる不安を解消しましょう。また、発行する指導団体を変更する「クロスオーバー」といった方法についても触れています。

ライセンスを取得してからブランクがあるんだけど…

以前、沖縄や海外などの遠方でライセンスを取得したけれど、それっきりになってしまった…というブランクダイバーさんは必見!多くのダイビングスクールやショップが、ブランクがある方のために復帰をサポートするコースやツアーを用意しているのです。また海の世界を楽しむために、その内容を確認してみませんか?

ライセンス取得を目指してスキューバダイビング体験レポート

※このサイトは、ダイビング初心者である一般人が集めた情報をまとめたサイトです。(2016年7月)
最新のものや詳しいコース内容については、各スクールの公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP