HOME » ダイビングライセンス(Cカード)情報まとめ

ダイビングライセンス(Cカード)情報まとめ

ダイビングを楽しむためには、ライセンスの取得が必須。ライセンスは通称・Cカードと呼ばれており、正式名称はサティフィケーションカード(Certification Card)といいます。簡単に言えば、海に潜れるようになる認定書ですね。このカテゴリでは、その認定書を取得するにあたって必要な知識やよくある疑問をまとめています。初心者ダイバーの方はチェックしておきましょう。

Cカードってなに?ダイビングライセンスの種類と特徴

ライセンスにはさまざまな種類がありますが、一番初めに取得しなければならないのがオープンウォーターダイバーというCカードです。しかしこの資格だけでは、インストラクターの同伴がないとダイビングができませんし、潜れる深さも限定されています。一人でダイビングしたい方や、より深いところまで自由に潜りたい方、さらにインストラクターを目指したい方は、目的に合ったライセンスを再び取得する必要があります。指導団体によっても名称やできることが異なりますので、その内容をご紹介しましょう。

お金と時間はどのくらいかかる?

どんな趣味を始めるときでも、一番気になるのは必要な費用。また、ライセンスが必要となるダイビングは、取得までにかかる時間も知っておきたいところです。通うスクールやツアー、指導団体によって、かかるお金や時間はさまざまです。まずは一般的な相場を紹介しますので、スクールやショップを選ぶ際の参考にしてくださいね。

何歳でもライセンスを取得できるの?

スキューバダイビングは年齢性別問わず、多くの方々から注目されているスポーツです。子供と一緒に海へ潜りたいと思っている方、仕事の息抜きとしてダイビングを始めたいと考えている方…。さまざまな思いを持った未来のダイバーのために、スキューバダイビングの年齢制限をお伝えします。「子供が小さいから…」「ダイビングは若い子がやるものだから…」そんな悩みを持っている方はぜひ目を通してみてください。

更新・紛失・再発行はどうすればいいの?

ライセンスは、自動車免許のように更新手続きが必要なの?紛失してしまった場合はどうするの?再発行するにはいくら必要なの?ライセンスを所持するにあたって生まれてくる不安を解消しましょう。また、発行する指導団体を変更する「クロスオーバー」といった方法についても触れています。

ライセンスを取得してからブランクがあるんだけど…

以前、沖縄や海外などの遠方でライセンスを取得したけれど、それっきりになってしまった…というブランクダイバーさんは必見!多くのダイビングスクールやショップが、ブランクがある方のために復帰をサポートするコースやツアーを用意しているのです。また海の世界を楽しむために、その内容を確認してみませんか?

ダイビングライセンス取得への基礎知識

ダイビングへの憧れはあるけど、ライセンス取得には知識と技術が必要になるため、「取得できるだろうか…」と不安に思うこともあるでしょう。泳げないと難しいの?クラゲやサメは大丈夫?まずは誰もが思い浮かべるそんな疑問。 ここではライセンスを取得して楽しくダイビングをするために、気になる疑問を解消しましょう。

スクール講習を受けて安全に楽しむダイビングQ&A

体力がないけど大丈夫?泳げるかどうかは関係あるの?

健康に問題がなければ、体力的なことは問われません。体力勝負のスポーツではないため、自分のペースで楽しむことができれば良いのです。慣れるまでは体に負担を感じることもありますが、水の中は無重力なので男女関係なくダイビングを体験できます。

また、プールでの実習もありますが、泳げなくても大丈夫です。実際にはダイビング用のウエットスーツを着て水に浮かぶ練習から始まりますが、インストラクターにしっかりと教えてもらうことで無理なく潜れるようになります。

クラゲやサメなどの危険はないの?

ダイビングをするときは全身をウエットスーツで包むため、クラゲに刺されることはありません。例え刺されるようなことがあったとしても、スーツを貫通するようなことはないのです。

更に、サメが生息しているような水域ではダイビングを行いません。映画「ジョーズ」のイメージから、人に襲いかかる獰猛さが取り上げられますが、ハンマーヘッドシャークやジンベイザメは臆病なので、こちらが危害を加えなければ襲われる心配はないでしょう。

冬の海でのダイビングって寒くて凍えてしまわない?

冬の海中は極寒の厳しさを連想してしまいますが、そんなイメージほどの冷たさではありません。季節に合わせた全身のウエットスーツによってある程度の温度は保たれるため、多くの人が想像するような凍てつく寒さではないのです。

寒いのは海の中ではなく、むしろ陸に上がったときのほうでしょう。水温よりも外気のほうが低い場合は、すぐに温かいシャワーを浴びて身体を温めてください。

 

ダイビング中、空気がゼロになることはないの?

空気がなくなって息ができなくなったら……。そんな不安を持ってしまう人もいるかもしれませんが、心配には及びません。

なぜなら酸素ボンベには、空気の残量がすぐに分かる残圧計が付いています。 適宜確認しながらダイビングをするため、海の中で空気がゼロになるような事態にはならないのです。また、インストラクターがそばにいるので予備のボンベを受け取ることもできます。

ライセンスの取得でより充実したダイビングを体験しようQ&A

ダイビングをするにはライセンスは取得した方がいいの?

例えば体験ダイビングでは、浅い水深までしか潜ることができません。しかし、ライセンスを取得することで、10m~20mまで潜れる資格が得られます。知識と技術が証明され、ダイビングの経験者として認めてもらうことで、氷の下を楽しむアイスダイビングや夜行性の生物に出会うことができるナイトダイビングへも参加できるようになります。

ライセンス取得には器材を買わないとダメなの?

最初から器材一式を揃えられる人はそう多くはいないでしょう。 ダイビングに使うウエットスーツや器材は、スクールでレンタルすることができます。そのため絶対に買わなければならないものではなく、強制的に買わされたりすることもありません。

レンタル器材で経験を積むうちに、自分の機材を揃えたくなってくるものです。そんな欲求が芽生えた時に、色やデザイン、サイズや素材など、自分の好みや用途に合った器材を増やしていきましょう。自分の器材があればダイビングライフも一層楽しくなります。

ダイビングスクールはどうやって選ぶの?

ライセンス取得への講習はいずれのダイビングスクールで受講しても構いません。自宅や職場の近く、ライセンスの取得に必要な費用、スケジュール調整のしやすさ、何を優先するかで選ぶ基準はそれぞれ異なりますが、並べられた項目や条件だけではなく、サービスの内容が自分に合っているものかどうかを確かめてください。

各ダイビングスクールでは無料説明会が開催されているので、自分の希望に合うスクールを探して参加してみるとよいでしょう。もし無理な勧誘や器材の購入を強要されるようなことがあれば、他のより良いスクールを探してください。

ライセンス取得を目指してスキューバダイビング体験レポート

ライセンス取得をサポートする
都内のダイビングスクール

※このサイトは、ダイビング初心者である一般人が集めた情報をまとめたサイトです。(2017年6月)
最新のものや詳しいコース内容については、各スクールの公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP