TOP » オトナの趣味に新提案!ダイビングという選択肢 » ダイビングと視力の関係性

ダイビングと視力の関係性

ダイビングは視力の悪い人でも対策することで、十分楽しむことは可能です。では、どのような対策を立てるのか。具体的な対策方法について見ていきましょう。

視力が悪くてもダイビングは可能か

メガネやコンタクトが必要な人でも、ダイビングすることは可能です。ダイビングの際に装着するマスクに度を入れたタイプがあるので、事前に準備をしておけば不自由なく海中の景色を楽しめます。光の屈折率の影響により、陸上で見るよりも水中の方が物が見やすくなるという現象が起こるため、少し目が悪い程度の人なら不自由はしないでしょう。

近視の人の場合は専用のマスクが市販で売られているため、すぐに購入できます。一方、遠視や乱視の場合はマスクをオーダメイドにて作成する必要があるため、前もって準備しておかなければいけません。出来上がるまでに時間がかかるため、ダイビングの予定に合わせて余裕を持って作成しておくようにしましょう。

コンタクトを付けたままのダイビングは危険

視力が悪い人の多くはコンタクトを使用しており、ダイビングをする人にも愛用している人がいるかもしれません。コンタクトを付けたままでも、マスクを付けるから問題ないように思い、コンタクトを装着したままダイビングをする人も中にはいます。ですが、これはあまりオススメできません。マスクの中に水が入ってきた場合、コンタクトが外れてしまうと急に視界が悪くなります。慌ててパニックを起こしてしまう危険もあるため、コンタクトは外しておきましょう。

ハードタイプのコンタクトよりもソフトタイプの方が流されにくいため安全に思うかもしれませんが、それでも付けたままのダイビングは避けた方が無難です。海水の影響でコンタクトがずれたり、変形によって目を傷つけてしまう可能性もあります。

ダイビングの時にコンタクトを外さなければいけないという決まりがあるわけではありません。ですが、少なからずリスクがあるということは頭に入れておきましょう。

マスクに水が入った場合は「マスククリア」で水抜きを

ダイビングをしている最中に、マスクの中に水が入ってきてしまうことがあります。すると視界が悪くなりストレスを感じることから、ダイビングを満喫することができません。

そんなトラブルを回避するために、「マスククリア」という方法があるのをご存知でしょうか?マスククリアはマスクフレームの上部をしっかりと押さえ、上を向きながら細く長く鼻から息を吐いて水を抜いて行います。鼻から息を吐くことでマスク内に空気を溜め、その気圧で水を押し出すという原理です。一回で水が抜けきらない場合は、再度鼻からゆっくりと長く息を吐きます。初心者には少し難しいかもしれませんので、事前にインストラクターに教えてもらってコツをつかむと良いでしょう。

ライセンス取得を目指してスキューバダイビング体験レポート

ライセンス取得をサポートする
都内のダイビングスクール

※このサイトは、ダイビング初心者である一般人が集めた情報をまとめたサイトです。(2017年6月)
最新のものや詳しいコース内容については、各スクールの公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP