HOME » 知っておきたい!ダイビング指導団体の違いをチェック » SSI

SSI

国内外で通用するダイビングライセンスを発行している指導団体・SSI。「ダイビングは経験を積むごとに習慣となり、それによってダイビングの快適さが増していく」という考え方を持っているため、ライセンスの発行についても経験を重視しています。グレードが高いインストラクターが多いと好評なSSIの教育内容をチェックしてみましょう。

豊富な知識と経験が身に付くレベルアッププログラム

SSIの資格取得は時間がかかります。他の指導団体とほぼ共通であるアドバンスの資格で合っても、24回以上のダイビング経験が必要となります。参考として、PADIは9回のダイビングでアドバンスのライセンスを取得することができます。しかし、だからこそSSIは、経験重視でグレードが高いという認識がダイビング業界にあるようです。

オープンウォーター
ダイバー
初心者レベルのダイバーがライセンスの取得を目指すカリキュラム。
水中を泳ぐための基礎知識とスキル、器材の使用法を学び、実際にプールや海でトレーニングをします。取得後は、水深18mまで潜ることができるようになります。
スペシャルティ
ダイバー
高所やボートからのダイビングや、より深い潜水ができるディープダイビングなど、自分の目的にあったカリキュラムを受講できるコース。
12本以上のダイビング経験と、スペシャルティコースのうち2種類の講座を修了することで、スペシャルティダイバーのライセンスを取得することができます。
アドヴァンスド
オープンウォーター
ダイバー
24本以上のダイビング経験と、スペシャルティコースのうち4種類の講座を修了することで取得できるライセンス。
マスターダイバー 50本以上のダイビング経験、スペシャルティコースのうち2種類の講座を修了、さらにストレス&レスキュースペシャルティライセンス取得コースを修了することで発行されるライセンス。SSIで発行されるアマチュアライセンスの中で最高ランクのものとなります。

SSIのライセンス年会費について

SSIのライセンスのうち、上記で紹介しているアマチュア資格に関しては、年会費の発生はありません。

なお、プロのインストラクターとして活動する場合は、下記のような年会費が必要となります。

  • 年会費20,000円+保険料36,000円
ライセンス取得を目指してスキューバダイビング体験レポート

ライセンス取得をサポートする
都内のダイビングスクール

※このサイトは、ダイビング初心者である一般人が集めた情報をまとめたサイトです。(2017年6月)
最新のものや詳しいコース内容については、各スクールの公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP