HOME » 知っておきたい!ダイビング指導団体の違いをチェック » PADI

PADI

画像引用元:PADI公式HP(https://www.padi.co.jp/)

世界中で発行されるCカードのうち、6割がPADIのものだといわれているほど、ダイビング業界でメジャーな指導団体であるPADI。世界最大のダイビング教育機関といっても過言ではないでしょう。ではなぜ、世界のダイバーがライセンス取得をするためにPADIを選択するのでしょうか?その理由を探ってみました。

レベルや目的に応じて選べるフローチャート

多くの指導団体が、ダイバーのレベルや目的に応じて、レベルアップしていくことを可能とするカリキュラムを用意しています。ダイビング未経験者が目指すライセンスとして一般的な、オープンウォーターダイバーコースの他に、PADIが用意しているスキルアップコースはどのようなものがあるのか、探ってみました。

オープン・ウォーター・
ダイバー・コース
ダイビング未経験の方が、Cカードの取得を目指すコース。
海の中での泳ぎ方やトラブルの回避法などを中心に、安全にダイビングを楽しむために重要な知識とスキルを学びます。
アドベンチャー・イン・
ダイビング・プログラム
アドベンチャー・ダイバー・コース、アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コースのライセンス取得を目指すコース。
コンパスを使って移動する講習や、より水深の環境を把握する講習、魚の見分け方や水中カメラの使い方など、多くの知識が身に付く内容となっています。
レスキュー・
ダイバー・コース
ダイビング中に生じるトラブルの対処法や、それを未然に防ぐための能力や知識について学ぶコース。
自分自身だけでなく、他のダイバーの安全も気遣えるようになり、ダイバーとしても大きな誇りを持てるでしょう。

PADIのライセンス年会費について

ここでご紹介している3つのプログラムを経て、ライセンスを取得した方に関しては、年会費の発生はありません。

しかし、プロとして必要なダイブマスター以上のライセンスを取得した場合から、下記のような年会費が必要となります。

  • ダイブマスター ¥22,248
  • インストラクター ¥31,320

PADIのライセンスを取得できる東京のダイビングスクール

PADIは世界最大のダイビング機関。そんなPADIのライセンスを取得できるダイビングスクールをチェックしていきましょう。
今回は東京から気軽に通うことができるダイビングスクールをいくつかピックアップしてご紹介いたします。

分かりやすく良心的な価格が魅力の「ブルーサブ」

画像引用元:ブルーサブ公式HP(https://bluesub.com/)

ブルーサブは創業43年の歴史あるダイビングスクールです。丁寧な指導や楽しみながらライセンスを取得できる内容、アフターダイブも充実しており、東京のダイバーから高い人気を誇っています

もちろんPADIのライセンスを取得することも可能。料金は39,000円と良心的です。この料金には施設使用料や各種レンタル料なども含まれたコミコミの価格となっており、追加料金が必要ないのも魅力的ですね。

場所はJR高田馬場駅から徒歩3分。仕事帰りや休日にふらっと立ち寄ることができるので、ライセンス取得後も気軽に相談に行けますね。

気軽に格安料金でライセンスを取得できる「ココナッツ」

画像引用元:ココナッツ公式HP(https://www.coconut.co.jp/)

ココナッツなら格安の料金でPADIのライセンスを取得することが可能です。ショップに集合し、プール講習や海洋講習にはインストラクターが同行してくれるので遅刻や道に迷う心配もなし。気軽にコースを申し込めますね。

価格は驚きの9,972円。ココナッツという店名とかけたユニークな料金設定になっています。

この価格の中には指導料、教材料、申請料、各種レンタル料も含まれているというから驚きです。とは言え指導の内容が他に劣るというわけではなく、自社プールや自社シリンダーを持っていたり、広告費のカット、ホームページの作成費用を抑えるなどしてやりくりしているため、指導の内容は他のダイビングスクールには劣りません。

しっかり本格的にPADIのライセンス取得に向けた指導を受けることができますよ。

4日間かけて丁寧な指導を行ってくれる「オーシャントライブ」

画像引用元:オーシャントライブ公式HP(http://www.oceantribe.jp/)

PADIのライセンスはしっかり指導を受ければ比較的簡単に取得することができますが、その日に知識を詰め込んだだけでは後日いきなり活用するのは少し怖いですよね。

オーシャントライブなら、4日間かけて丁寧に指導をしてくれます。1日目は学科講習としてダイビングの基礎を、2日目はプールで体を慣らしていきます。3日目、4日目は海で実際にダイビングを楽しみながらコツを掴んでいきます。

このようにじっくり体を慣らしていくことができるので、ダイビング初心者の方にも非常におすすめのダイビングスクールです。

料金は68,000円と他のダイビングスクールに比べると高めの設定になっていますが、指導内容を考えれば納得と言えるでしょう。料金の中には教材費、ボート使用料、保険料、施設使用料、レンタル料などがすべて含まれています。

詳細にコースが分けられている「ダイビングスクールマレア」

画像引用元:マレア公式HP(https://www.marea.jp/)

PADIのライセンスと一口に言ってもそのレベルは様々。ダイビングスクールマレアなら、まったくのダイビング初心者からもっとスキルアップをしたい方まで、様々なコースから自分のレベルにあったコースを選ぶことが可能です。

初心者におすすめなのがオープンウォーターダイバーコース。学科講習2日間、プール講習2日間、海洋実習2日間と、6日間かけてじっくりダイビングについて学ぶことができます。申し込みの際にテキストがもらえるので、講習前に予習ができるのも魅力的。スケジュールも仕事の都合に合わせて自由に組むことができますよ。 料金は65,000円。別途申請料が必要となりますので最初に確認しておきましょう。

他にもダイビングスクールマレアではもう少しだけステップアップしたい方のためのアドバンスドオープンウォーターダイバーコース、中級者向けのPADIレスキュー・ダイバーコース、最高峰レベルを目指せるPADIマスター・スクーバ・ダイバーコースなど、様々なコースがあるので要チェック!

ライセンス取得を目指してスキューバダイビング体験レポート

ライセンス取得をサポートする
都内のダイビングスクール

※このサイトは、ダイビング初心者である一般人が集めた情報をまとめたサイトです。(2017年6月)
最新のものや詳しいコース内容については、各スクールの公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP