HOME » 知っておきたい!ダイビング指導団体の違いをチェック » PADI

PADI

世界中で発行されるCカードのうち、6割がPADIのものだといわれているほど、ダイビング業界でメジャーな指導団体であるPADI。世界最大のダイビング教育機関といっても過言ではないでしょう。ではなぜ、世界のダイバーがライセンス取得をするためにPADIを選択するのでしょうか?その理由を探ってみました。

レベルや目的に応じて選べるフローチャート

多くの指導団体が、ダイバーのレベルや目的に応じて、レベルアップしていくことを可能とするカリキュラムを用意しています。ダイビング未経験者が目指すライセンスとして一般的な、オープンウォーターダイバーコースの他に、PADIが用意しているスキルアップコースはどのようなものがあるのか、探ってみました。

オープン・ウォーター・
ダイバー・コース
ダイビング未経験の方が、Cカードの取得を目指すコース。
海の中での泳ぎ方やトラブルの回避法などを中心に、安全にダイビングを楽しむために重要な知識とスキルを学びます。
アドベンチャー・イン・
ダイビング・プログラム
アドベンチャー・ダイバー・コース、アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コースのライセンス取得を目指すコース。
コンパスを使って移動する講習や、より水深の環境を把握する講習、魚の見分け方や水中カメラの使い方など、多くの知識が身に付く内容となっています。
レスキュー・
ダイバー・コース
ダイビング中に生じるトラブルの対処法や、それを未然に防ぐための能力や知識について学ぶコース。
自分自身だけでなく、他のダイバーの安全も気遣えるようになり、ダイバーとしても大きな誇りを持てるでしょう。

PADIのライセンス年会費について

ここでご紹介している3つのプログラムを経て、ライセンスを取得した方に関しては、年会費の発生はありません。

しかし、プロとして必要なダイブマスター以上のライセンスを取得した場合から、下記のような年会費が必要となります。

  • ダイブマスター ¥22,248
  • インストラクター ¥31,320
ライセンス取得を目指してスキューバダイビング体験レポート

※このサイトは、ダイビング初心者である一般人が集めた情報をまとめたサイトです。(2016年7月)
最新のものや詳しいコース内容については、各スクールの公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP