HOME » 知っておきたい!ダイビング指導団体の違いをチェック

知っておきたい!ダイビング指導団体の違いをチェック

ダイバーの育成を行ったり、指導をしたりする教育機関のことを、スキューバダイビングの指導団体といいます。ダイビングのCカードは、この指導団体が発行しています。一般的な指導団体とその特徴について、把握しておきましょう。

PADI

名実ともに、世界最大のスキューバダイビング教育機関です。約5,800以上のダイブセンターとダイブリゾートからなる、ワールドワイドな組織。世界180以上の地域に135,000人以上のプロフェッショナルメンバーがいます。

SSI

世界的なダイバー認定機関であり、スキューバダイビングの教育支援組織です。すべてのレベルにおいて最先端のトレーニングプログラムや教材を開発。業界では、ダイバー教育の革新的なリーダーとして広く認知されています。

NAUI

世界で初めてのスキューバダイビングの指導員組織が誕生したのをきっかけに設立。「最愛の人を任せられる信頼」「教育を通じた安全なダイビングの実践」が信条です。現在では、アメリカをはじめアジア、ヨーロッパ、中東、南アフリカ、日本などを拠点に多くの地域でNAUIインストラクターが活躍しています。

CMAS

世界118ヶ国が加盟する国際機関で、水中活動の国連ともいうべき非政府の組織です。水中活動連盟を持たない国に対しての設立支援、水中活動の法律や規則の国際的な統一化、水中活動の国際大会や万国博覧会の主催及び後援、許認可なども行っています。

BSAC

設立当初から常に一貫して掲げているのが「水中での探索、科学、スポーツなどの活動と、それらの安全性を促進する」という基本理念。また、海の環境保護への取り組みも重要な使命と考えられています。水中環境保護をダイバートレーニングの重要な1部分と位置づけ、積極的に活動を続けています。

JP、JUDF、ADS

上記以外にも、ダイビングライセンスの教育機関はたくさん存在しています。ここでは、日本で設立された指導団体であるJP、JUDF、ADSの3つについてまとめてご紹介します。

ライセンス取得を目指してスキューバダイビング体験レポート

ライセンス取得をサポートする
都内のダイビングスクール

※このサイトは、ダイビング初心者である一般人が集めた情報をまとめたサイトです。(2017年6月)
最新のものや詳しいコース内容については、各スクールの公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP